常に学び、情報収集のアンテナを張る

このブログでは輸入ビジネスをメインに書いていますが、
私の場合はBUYMAが輸入ビジネスの入り口であり、
もっと言えばインターネットビジネスにおける
入り口だったということは何度かお話ししています。

インターネットビジネスのメリットの1つに、
一度作ったコンテンツは蓄積され、いつどのコンテンツから入ってきてもらっても
相手に伝えることが出来るという点です。

それはECサイトのような物販ビジネスであれ、
情報販売のアフィリエイトであれ、
情報発信のお役立ち的なコンテンツであれ
全て同じことが言えます。

私はそのためにこのサイトを立ち上げた当初は
ひらすらBUYMAの基礎的な知識と中級編くらいまでの
コンテンツをアップして少しでもBUYMAやインターネットビジネスに興味のある方にとって
価値を提供できればと思っているわけですが、
やはり一人のインターネットビジネスに関わる人間として、
普段から輸入ビジネスに限らず様々情報収集をしています。

そこで今回は情報収集をすることの
重要性について書いていきたいと思います。

成果をあげている人ほど貪欲に学んでいる

少しだけ自分の話をさせていただくと、
私はインターネットビジネスにおいて
師匠と勝手に思っている人が2名いらっしゃいます。

1名は私が本当に素人の状態からBUYMAをベースとした
輸入ビジネス・物販ビジネスを教わった鈴木英広さんです。
(ご本人の許可なくお名前を出していますが、
悪いことを言う訳ではないのできっとご理解いただけるはず…です。)

鈴木英広さんは名古屋を拠点にビジネスをされており、
ご自身も会社員時代からBUYMAを副業として取り組んでおられました。

現在は起業をして株式会社を経営されていますが、
副業時代から独立した後における様々なご経験やノウハウを教えてもらいました。

そしてもう1名は羽田和広さんです。

羽田さんはもともとお名前を知っており、
メルマガを読んだり動画を見たりしていましたが、
昨年になって初めてお会いすることができ、
現在は輸入ビジネスに取り組んでいるコミュニティでご一緒しています。

お二人に限らず成果を出している方に共通しているのは、
とにかく貪欲に情報収集をして学んでいる点です。

ただ、お二人の名前を出させてもらったのは
私自身が最も近くで見ることができた方々なので、
その経験に基づいて、というところです。

そしてもう1つ言えることは、情報収集したものを
自身の言葉や解釈で吸収し、アウトプットしていること。

インプットしたことをアウトプットする

言葉にすれば非常に簡単でシンプルなことですが、
実際に出来ている人って意外に少ないんじゃないかと思っています。

それは当然、自分自身にも言えることです。

たとえどれだけ大金を稼いでお金に困らない状態になったとしても、
常に学ぶ姿勢であったり自分を成長させていていくための
活動をしなくなった時点で終わりだと思います。

正直なところ、別に他人がそうなったとしてもあまり興味が無くて、
少なくとも自分自身はそうありたいと強く感じています。

インターネットビジネスの世界には、それこそ数多くの成果を出している方や
情報発信をしている方がいらっしゃいます。

私は恐らく人脈もアンテナの張りも弱い方ですが、
どんな人間でも全てを知ることは不可能です。

であれば、自分が良いと思ったことを吸収し、
それを少しでもアウトプットして人に提供する。

その結果として、実は自分自身も成長している。

そんな好循環をもっともっと突き詰めていけるように、
日々学び、日々情報収集するためのアンテナを張っていきたいと思っています。

今回はそんなお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA