Amazon内のSEO対策を意識する

輸入総代理ビジネスの一環としてAmazonに出品して
販売するのは重要な戦略の1つです。

Amazonではすでに出品されている商品に一緒に登録する
「相乗り」と呼ばれる出品方法と、独自に新規ページを作成する
「カタログ作成」の2種類があります。

転売においては自社より前に商品を出品して販売している
他社がいるため相乗りするしかありませんが、
輸入総代理ビジネスでは基本的に自社が初めて販売を
スタートしますので、カタログ作成になります。

カタログ作成の最大のメリットは他社が出品してくることが
できないため、価格競争になることがありません。

これは転売の経験がある方にとってはどれだけ重要なことか
お分かりいただけると思います。

しかし、いくら独自商品でカタログ作成によって
Amazonに新規出品できても、ただ出品するだけでは効果が薄いです。

Amazonは国内屈指のECサイトなのでその集客力は計り知れませんが、
Amazonの中には数多くの商品が掲載されていますので、
その中に埋もれてしまうことはよくあります。

特に新規出品したばかりの商品は知名度が低いため、
Amazon内での検索順位(SEO)対策を行なって露出を増やし、
売り上げを上げていかなければいけません。

とはいえ、Amazon内のSEO対策は通常のWEBサイトのSEO対策より
難しくはありません。

なぜなら、Amazonにカタログ作成して新規出品する際の
登録項目には限りがありますので、その中で最大限の対策をすればよいのです。

中でも最も重要な項目は商品タイトルです。

Amazon商品ページのタイトルは商品画像の横に掲載される
最も大きな文字で掲載される、あれですね。

顧客の目に留まりやすいのはもちろんですが、
内部的にも重要な要素となっていますので、
Amazon商品ページのタイトルはしっかりと書きましょう。

とはいえ、明らかにSEO目的でキーワードを羅列するのは時代遅れです。
あくまでもユーザーにとって有益な情報をまとめる必要がありますので、
商品の特徴や仕様、強みなどを端的に表現する必要があります。

大袈裟かもしれませんが、ある意味ライティングスキルが問われる
部分ですので、しっかりと商品の特徴などを把握したうえで訴求します。

その他にもAmazon商品ページの下部に掲載できる
商品紹介コンテンツの作成は必須ですね。

詳しい操作方法は割愛しますが、これは必ず用意しましょう。
Amazonの管理画面は少しずつ使いやすくなっており、
一昔前に比べるとこの商品紹介コンテンツの登録方法も
やりやすくなっています。

コンテンツとなる写真とテキストを用意して設定すれば
数分で反映されますので、必ず登録しましょう。

他にも細かい部分でAmazon内SEO対策が可能です。

ただ出品するだけではなく、Amazon内SEOを意識して
ページ作りをすることが売り上げを上げる重要なファクターになります。

一緒に輸入総代理ビジネスにチャレンジしませんか?

弊社では輸入総代理ビジネスに一緒に取り組む企業様や
これから輸入ビジネスで独立、起業したい方とタッグを組んで
輸入ビジネスに取り組むパートナー制度を設けております。

弊社以外にも輸入総代理ビジネスに取り組む強力なパートナー企業様が
数多く在籍していますので、皆で力を合わせてブランディングやプロモーションを
行なうことで相乗効果が期待できます。

輸入ビジネスに取り組んだことがないけど、これから始めてみたいという
方は弊社がサポートしますので、ご安心ください。

詳しくはお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA