【スタートアップ】忘れてはいけないマインドセット

これからお話しすることは決して輸入ビジネスにとどまらず、どんなビジネスにおいても共通することだと思います。私自身がまだまだ道半ば、偉そうなことを言えた口ではありませんが、それでも一応インターネットビジネスに参入して半年ほどで独立ができたことは事実ですので、これから独立・起業を目指す方にとっては少し先を行っていると言えるでしょう。

では、なぜそんな話をしているかと言いますと、こうして最初にマインドセットとしてしっかりとビジネスに対する心構えを持っていただきたいからです。私自身はもともと会社員の時から自己啓発系の本を読んでいたり、有名なアフィリエイターさんや物販プレーヤーさんのメルマガを読んでいたのでビジネスに対しての心構えはある程度できているほうだと思っていました。

それでも、いざコンサルティングを受けて物販ビジネスをスタートしてみると、案外基本的な意識が欠けていたり、「何のためにビジネスをするのか?」といった根本的な部分を見失いそうになってしまったことも事実でした。それだけに、ビジネスにおけるマインドセットというのは自分自身への自戒の念を込める意味合いもあると思っています。

なぜインターネットビジネスをするのか?

一口に「仕事」と言ってもたくさんの種類があり、人にとって得意不得意も異なることでしょう。では、なぜ自分自身はインターネットビジネスに参入し、勉強し、時間を割いて取り組んでいくのか、その辺ははっきりさせておいた方がいいでしょう。
・今よりもっと収入が欲しい
・お金を稼いで美味しいものを食べたい
・車や家が欲しい
・独立、起業して自由になりたい
動機は人それぞれ違っていいと思います。大事なことは何のために取り組むのか、です。

始める以上はプロフェッショナルであれ

自分自身もそうでしたが、始めたばかりは初心者であり素人です。初めて出品した商品に誤字脱字があったり、実際の価格と間違えて設定してしまったり、納期を予定より早く伝えてしまったり。最初だからこそ起こりうるミスと言うのはたくさんあると思います。(慣れてきてからも怖いですけどね。。)それはなぜ起こるかと言えば、経験したことがないからであって、それ自体は決して悪いことではありません。ミスはミスとして反省すべきですが、最もやってはいけないことがあります。

・初心者なので仕方ない
・素人なので詳しいことは分からない

こういった初心者であるということを言い訳にしてお客様に対して対応するのは絶対にNGです。お客様はどんなプラットフォームで出品しようが、あなたの商品に興味を持って問い合わせをしたり、注文をしてくれます。インターネットビジネスのデメリットはお互いに顔や声が分からないことで、文字だけのやり取りしかできないので不安が多いビジネスです。そのような状況の中で、お客様にとってあなた自身が初心者か経験豊富なのかは、正直あまり気にしていません。

例えば、実店舗でも言えることです。コンビニに行ったときに、たまたまレジを担当した人が研修中の人だろうが、経験豊富な店長だろうがあまり関係ないはずです。それよりも、「速くスムーズに会計処理を済ませてほしい」というのが重要ではないでしょうか。インターネットビジネスにおいても同様で、何よりもまずお客様の要望にスムーズに応えられるかが重要になってきます。

ですので、1つでも商品を出品した時点で、あなたはあなたのショップのオーナーになるわけです。それは同時にビジネスをスタートさせることであり、たとえ副業であってもそれを理由に業務に影響が出ることはしてはいけないのです。そうは言っても、実際には副業として実践している方は数多くいますし、全く問題ないのですが、意識としては副業だろうが本業だろうが、初心者だろうが経験者だろうが、1つの仕事としてしっかりやるべきことをこなしていく必要があるということです。

まとめ

他にもお伝えしたいことはありますが、まずスタートするにあたって、またスタートしてからモチベーションが下がったときも必ずありますから、そういった時に原点に戻ってマインドセットを振り帰ってみてください。
・なぜインターネットビジネスをしているのか?
・始める以上はプロフェッショナルであれ

この2つがブレずに継続できれば、必ず成果は出ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA