好きなことを仕事にする

いつもありがとうございます。

ひとりカンパニーとして
活動している呉です。

今日はビジネス全般のことです。

好きなことを仕事にする

ユーチューバーという職業が
認知されるようになってから、
好きなことを仕事にする賛否について
議論されるようになったと感じます。

私もひとりの事業主として活動しているので、
ある意味では好きなことを仕事にしている
と言えるのかもしれません。

それについてはまた後で触れますが、
私なりの「好きなことを仕事にする」
についての見解は持っています。

私は「生活が成り立つのなら賛成」です。

一昔前で言えば、ミュージシャンや
お笑い芸人がそうだったのかもしれません。
(今でもそうかもしれませんが。)

ミュージシャンやお笑い芸人といった
仕事は、サラリーマンのように
就職活動や転職活動をしてなるものではないです。

つまり、自分が音楽だったり笑いだったり、
芸術でも良いと思いますが、
そういった分野が好きであり、
熱中できるからこそ、
職業として目指すものだと考えています。

中にはそうではなく、
人との縁や成り行きでなった人も
要るとは思いますが、一般論としては
好きだから目指す、ということになるでしょう。

もちろん、最初から上手く行く人なんて
ほんの一握りでしょうから、
多くの人は苦労してやっと全国デビューするとか、
自分が食べていけるくらいの収入が得られるようになるとか、
相当な時間も苦労もかかると思います。

しかし、それでも好きだから続けられるし、
新しいアイデアやこれまでの常識に捉われない
作品が生み出せるというのもあるでしょう。

それはそれで素晴らしいことです。

一方で、何十年やっても全く目が出ず、
それこそ中学生のお小遣いくらいしか
稼げない、というのでは困りものです。

つまり応援してくれる家族や友人、
恋人、あるいは子供たちに
迷惑が掛かってくるようだと、
話は変わってきます。

そして、それはビジネスでも同じことだと思います。

どのようなビジネスにトライするのであれ、
もちろん失敗はたくさんしますが、
いずれは結果も出さなければいけません。

私自身も決して順風満帆ではありませんでしたし、
これからもたくさんの壁があります。

しかし、やるからには、
自分で選んで道である以上、
それなりに結果も出していかなければいけません。

それが結果としてしっかりと
生きていけるだけの成果があるのあれば、
これほど幸福なことはないのではないでしょうか。

生き方は人それぞれ

冒頭に戻りますが、
私自身はいま好きなことを仕事にしているか、
と言われれば、
今は好き
と言えます。

では始めた当初はどうだったかと言えば、
好きな仕事でも嫌な仕事でもなく、
ただ独立するための手段として
ビジネスに取り組んでいました。

それがだんだんと仕事を通じて
サラリーマンではできなかった経験、
苦労、挫折、そして成功体験をしていくうちに、
だんだんと面白くなり、結果として好きな仕事、
と言えるように思います。

生き方は人それぞれです。

好きなことを仕事にしていても
全く成果が出ないのでは困りますし、
嫌な仕事だけど生活のために仕方なくやっている、
という状態でもモチベーションは上がらないでしょう。

大事なことは自分自身がどう生きたいのか

そしてその選択肢として、
現代では個人でもビジネスがしやすい時代になっているのは
間違いありませんから、一歩を踏み出してみる。

その先に「なりたい自分」がいるのであれば、
たとえ今はさほど興味がない仕事やビジネスでも
チャレンジしてみる価値はあると思っています。

仕事は生きていくための手段

仕事に関する考え方は終わりがありませんし、
結論だって無いと思っています。

要するに「自分はこうだ」と決めて、
それを信念として生きていけば、
それがその人にとっての正解です。

また、時代や自分の思考が変われば、
変化するものであって良いと思います。

年齢を積んで経験を積めば、
自ずと見える世界も変わります。

大事なことは時代や周りの人に流されず、
その時代、その時々で「自分はこう生きていく」と
決めていきながら仕事に取り組んでいくのが
ベストな生き方のように思います。

そのための生きていく手段として、
日本をはじめとした資本主義社会では
お金がないと生きていけません。

多い少ないは生活レベルと自分の満足度や
幸福度によって違うでしょうから、
それも「自分がこうだ」と決めたところで良いと思います。

とはいえ、最低限必要なお金はありますし、
やりたいことがあればあるほど必要になるでしょう。

そのためにお金を稼ぐ必要があります。

その辺りをはき違えて、
ただお金を稼ぐことが正義と主張している人を
よく見かけます。

別に私は否定しているわけではなく、
本人がそれで良いなら良いのです。
(もちろん、人に迷惑をかけなければ。)

考え方の違いであって、
正解は自分自身で見つけるものだと思います。

しかしいずれにしても、
ビジネスをするということは
生きていくための手段であり、
それが好きなことに関連していたら、
より自分の人生の満足度や幸福度は
増していくように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA