本格的なSNSマーケティングの実践

最近はエントリーの更新間隔が空いていますが、
その間も様々な実践と検証を繰り返しています。

ここ最近はSNSを使ったマーケティングに力を入れています。
もちろん、今までもSNSを使ったマーケティングには取り組んでいましたが、
特に私が取り組んでいる物販ビジネスにおいてSNSとの親和性が高まった
大きな話題もありましたので、そのトレンドに乗る形で
本格的に実践をスタートしています。

今日はその辺りをアウトプットしていきます。

InstagramでBASEの商品が販売可能に


すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
自社ネットショップを構築できるBASEで販売している商品を
Instagramで連携できるようになりました。

具体的には、Instagramで商品のタグ付けを行なうことで、
InstagramからBASEへ直接誘導できる仕組みとなりました。

これまでSNSから商品の販売に繋げるにはFacebookまたは
TwitterからAmazonや楽天自社ショップへのURLリンクを貼り付けるのが一般的でした。

逆に言えば、Instagramは投稿にURLを貼り付けても自動的には
リンクできない仕様になっていましたので、
自社ブランドを運営しているアカウントではプロフィール欄に公式サイトや
公式ショップへのリンクを貼る以外に方法がありませんでした。

しかし、今回のBASEとの連携によって、投稿自体に商品のタグ付けをすることで、
投稿から直接BASEの商品ページへの遷移できるようになったのです。

BASEでの販売はどうなのか?

自社ネットショップを運営する意味でBASEというプラットフォームは
以前からも一定の支持を得ていますし、私自身も使い勝手は良いと考えています。

特に、まだ本格的なネットショップを作るほどでもない場合や、
SKU数が少なくて横展開が不要な場合に、
BASEであればアカウントを作ればすぐにオープンできるので
スピード感を持って自社ネットショップを構築できます。

初期費用や月額費は不要で、決済手数料も最低限に抑えられるので、
「とりあえず作っておく」という意味でも有効です。

とはいえ、課題はどの自社ショップにも言えることですが、
集客力をどうやって高めるか、ということに尽きます。

Amazonや楽天市場のメリットは集客力があって、
知名度の低い新商品でも出品したらすぐに売れる可能性があることです。
一方で、手数料はそれなりに高い傾向にあります。

自社ショップはその逆で、手数料は安い代わりに
自分自身で集客をしなければ、なかなか売り上げに繋がりません。

これまで、BASEでの販売は集客力の面からサブ的な扱いに
なりがちでしたが、今回Instagramとの連携が始まったことで、
強化していく店舗やブランドオーナーは増えるのではないでしょうか。

広告から魅力的なコンテンツへの移行

今回の連携もそうですが、今後の物販ビジネスにとって
重要になってくるのは、単純に広告費をたくさん払って
バンバン広告をかければ売れる時代は終わりつつあり、
より魅力的なコンテンツを発信してファンを増やす時代になっていると確信しています。

魅力的なコンテンツとは何もオンラインに限ったことではなく、
オフラインでの製品体験会とか、座談会とか、
製品発表会とか、そういった場所も列記としたコンテンツです。

その一環として、写真を用いたInstagramで販売に繋げられるというのは
物販ビジネスにとって追い風であり、
一方で魅力的なコンテンツを発信していかなければ
淘汰されてしまう時代とも言えるでしょう。

私自身もその辺りを意識して、
今後のマーケティング戦略や実践、
そして検証をしていこうと考えています。

また何か進捗があれば、アウトプットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA