BUYMAを始めるうえで準備しておくもの

今回はBUYMAを輸入ビジネスの一環として取り組むにあたって事前に準備しておいたほうが良いものを紹介していきます。

BUYMAのみならず、今後輸入ビジネスに取り組んでいくのであれば、用意しておいて損はないものばかりです。

基本的な項目も多いですが、一つずつ確認してみてください。

絶対に必要なもの

まずは絶対に必要になるものをご紹介します。(当たり前のことばかりかもしれませんが)

パソコン

まずはこれがないと始まらないですね。

たまに「スマホだけで出来ませんか?」と言われることがありますが、逆にお聞きしたのは「仕事をスマホだけで出来ますか?」ということです。輸入ビジネスに取り組むにあたり、特に気を付けるべきは利益や経費の計算です。

確かに出品作業やリサーチもパソコンの方が断然やりやすいというのはありますが、それ以外にも様々な計算をしたり、資料を準備したりする必要が出てくるので、基本的にはパソコンで作業することをオススメします。

最近ではスマホでもインターネットが使えるので、よく「スマートフォン一台で稼ぐネットビジネス!」みたいなキャッチコピーの商材もありますが、個人的にはBUYMAを輸入ビジネスとして取り組むならノートパソコンでもいいのでパソコンがあった方が断然良いと思います。

一番の理由は、やはり出品作業だと思います。私自身は有料のツールを使用しているので、今では1つ1つ手入力で出品はしていませんが、最初は要領を掴む意味でも、手入力で丁寧に出品していくのをオススメします。(もちろん、慣れてきても1つずつ丁寧にやるべきですが。)

そこでスマホだけだと、正直かなりやりにくいと思いますので、ノートパソコンでもいいのでパソコンを使用することを強くおすすめします。

最近では中古なら2~3万円くらいで売っていますし、既にご自宅にあるという方なら何の問題もないでしょう。

インターネット環境

当然、これも絶対に必要ですね。

万が一、自宅にWi-Fiが通っていないという場合は今すぐネット回線を契約してください。

特に高速である必要はないと思いますが、あまりに回線が不安定だと出品作業中や急な対応時にストレスを感じることになるので、最低限は問題なく接続できる環境は必要です。

最近では据え置き型にかぎらず、Pocket WiFiという便利なアイテムもありますので、例えば引っ越しが多い方や固定回線を使うほど自宅にいないといった方はPocket WiFiだけでもいいかもしれませんね。

ちなみに私もPocket WiFiを契約していまして、外出時はかなり重宝しています。


ブラウザ

ブラウザとはWebサイトを閲覧するために必要なソフトです。

この記事をパソコンで読んでいる方は当然ブラウザをお持ちなわけですが、特にオススメなのがGoogleクロームです。

Googleクロームは処理速度が速いのと、様々な拡張機能を追加できるブラウザなので、細かい作業や調べ物をするときに重宝します。

唯一の欠点は処理速度が速いため、パソコン自体のスペックが低すぎるとかえって重くなってしまいます。

何十万円もするようなハイスペックのパソコンを用意する必要はありませんが、最低でもこのGoogleクロームがストレスなく稼働するくらいの環境は整えておいてください。

これから輸入ビジネスに取り組むうえで、最低限の設備投資です。(ここをケチって速度の遅いパソコンで作業する方が、時間をロスしてしまって非効率です。)

まだお持ちでない方は、こちらから取得できます。使用料は一切かかりませんので、ご安心ください。
https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/

クレジットカード

まずは出品しないことには注文も来ませんが、最終的には注文が来て仕入れを行う必要があるので、クレジットカードは必須です。

基本的には海外のショップから仕入れをしますので、国際ブランドであるVISA、MASTER、AMEXあたりが無難でしょう。

現在、プライベートで使用されているカードでも問題ありませんが、ビジネスとして取り組むなら分けたほうが経費の管理がしやすいですし、上限枠いっぱいまで仕入れに使えるに越したことはないので、この機会に1枚新規で作っておくのが良いと思います。

私もBUYMAをビジネスとして始めてから、2枚カードを作りました。

最近ではショッピングモールでもカンタンに入会できますし、インターネットで完結する会社もあるので便利ですよね。

また、せっかく作るのであれば普段の生活に身近なサービスで利用できる特典などが付いている方がお得です。

結構、クレジットカードのポイントは馬鹿にならないので、その辺りも含めて新しくカードを作ってみるのもいいかもしれませんね。

以下は私の中でオススメのカードですので、持っていなかったら作ってみてください。

楽天カード




よくテレビCMでも宣伝していますが、楽天カードは審査が非常に緩いですし、手間も他のクレジットカードに比べて圧倒的に少ないと思います。作っていないなら持っておいた方が良いクレジットカードNo.1です。

作っても使用しなければ費用は一切かかりませんし、ちゃんとVISAやMASTERに対応しているので海外のショッピングサイトでもバッチリ使えます。

ちなみに、将来的に仕入れが増えるとクレジットカード決済額も増えますので、自然とポイントも貯まります。

楽天カードは楽天ポイントが貯まって、それこそ楽天市場での買い物や商品券への換金ができたりすので、それだけでも副収入になると思います。

YJカード




YJカードはTポイントを貯めている方やTポイントが使えるお店をよくご利用するといった方にオススメですね。
友人が使っていますが、割と審査もスムーズで申し込みやすいみたいです。

あった方がいいもの

ここまでは絶対に必要なものでしたが、以下はあった方がいいものです。

というより、本当は「絶対」くらいあっていいと思うのですが、厳密にはなくてもできると言えばできるのであった方がいいという感じになります。

そもそもビジネスとして取り組むのであれば、このあたりも本当は必需品と言えるでしょう。

表計算ソフト

いわゆるExcelなどですね。Excelは有料で手が出せないということであれば、フリーソフトもあるのでそちらでもいいでしょう。

あるいはGoogleスプレッドシートでも同じようなことはできますので、それでもいいと思います。

商品のリサーチや注文管理、売上管理など、何かと管理すべきドキュメントが出てきますので、もし使ったことがないという方は今のうちに触れておくと良いかもしれません。

ダンボールなどの梱包資材

少し後の話にはなりますが、実際に商品を買い付けして自宅に届いたら、中身を確認(=検品)する必要があります。

最後にお客様の住所宛に伝票を書いて発送となりますが、この発送時にもともと送られてきた箱を使うのはちょっとナンセンスです。

自分が買い物した立場だったら、海外から運ばれてきた汚れた箱がそのまま来るより、キレイな箱や袋で来たほうが良いと思うと思います。

もちろん、中には汚れててもいいからそのままの箱や袋で欲しいというお客様もいるかもしれないので、事前に確認して了承を得ていればOKですが、あまりオススメは出来ません。

話が少し逸れましたが、商品を梱包するためのダンボールや袋、緩衝材(いわゆるプチプチや空気が入ったクッションなど)はある程度用意しておいたほうがいいでしょう。

扱い商品のサイズにもよりますが、ダンボールであれば60~100サイズが一般的です。
私はこちらのダンボールワンというサイトを利用しています。実はこういった安く大量のダンボールを購入できる会社はいくつかあるので、探してみてください。緩衝材も「緩衝材 安い」などと検索すればいくつか出てくると思います。
ここで詳しく書いていないのは、ご自分で検索することによって検索する力が付きますので、それが結果的に良い商品をピックアップするリサーチ力にもつながると思っています。なので、是非ご自分でもいろいろ検索して検討することをオススメします。

文房具

これもダンボールに近いですが、要は発送時の備品というイメージですね。
例えばセロテープ、ガムテープ、カッター、透明テープといった基本的なアイテムになります。

プリンター

これは意見が分かれるところでもありますが、私はいつも商品と一緒に納品書を入れていますので、自宅にはプリンターがあります。

それ以外にも、例えばBUYMAではお客様に発送通知を促すための用紙を準備してくれているので、それをプリントして入れるのにも使ったりします。必須ではないですが、あった方がよいでしょう。

まとめ

細かいところまで挙げればキリがないですが、ざっとピックアップするとこんなところかなと思います。

備品関係はいまご自宅にあるもので代用できるものがあれば、とりあえずはそれでもいいと思いますが、長期的にビジネスとして取り組むのであれば、ある程度はきちんと環境整備をしておいたほうが得策かなと思います。

また何か思いついたものがあれば、更新しますね。

今日はここまでー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA