BUYMAを活用するメリット、デメリット

ここではBUYMAを活用する上でのメリットとデメリットを私なりの見解で書いていきたいと思います。

輸入ビジネスに限らず、どのビジネスにおいてもメリットとデメリットが存在します。
デメリットの部分を隠して良いところばかり出しているセールスなんかも見かけますが、実際にやってみてデメリットがないわけがないと思っているのが私の持論です。

確かに、人によってはデメリットに感じないという内容もあるかもしれませんが、それも含めて分析してみてください。

BUYMAを活用するメリット

輸入ビジネスを始めるうえで、BUYMAを活用するメリットは結構多いと思っています。
これは私自身が感じていたことですが、ピックアップするなら以下のような感じです。

・資金が少なくてもスタートできる
・ファッションの知識がなくても出来る
・むしろファッションに興味を持つようになり、オシャレになれるかも
・有名ブランドを安く買える方法が見つかる(かもしれない)
・クレジットカードのポイントが貯まる
・本業や別の仕事をしながらでも取り組める
・在宅でも出来る

もちろん、人によってはもっとあると思います。

私の場合だと、必ずしも在宅じゃないといけない訳ではなかったので、その点はそこまでメリットには感じなかったですが、その他は実際に取り組んでみて良かったなと思います。

中でも輸入ビジネスを始めるうえで前提となるのが、物販ビジネスである以上、一般的にはそれなりに資金(=仕入れ)が必要になります。

本来は商品を先に仕入れて、それを販売するので在庫を持つ必要があり、おのずと資金が必要になります。せどりなどのように少額から始められるビジネスもありますが、結局少ない資金で仕入れた商品が大きく跳ねるということは難しく、それこそビジネス初心者には難しいことだと思います。

その点、BUYMAは無在庫販売できるのが最大のメリットだと思います。

無在庫販売とは、その名の通り在庫を持っていなくても出品が可能なスキームで、出品者はお客様から注文が入った時点で仕入れを行えば良いのです。このことを受発注制と呼んだりもします。

つまり、先に仕入先だけリサーチしておいて出品してしまい、お客様から注文が来たら仕入れれば良いので在庫を持つリスクがないですし、決済をクレジットカードで行えば支払いも後に回せます。(別で詳しく書きますが、むしろクレジットカード決済の方が多いです。)

それ以外のファッションについての知識であったり、ブランドに対する知識は本気でやろうと思えば自然に付いてきますので、スタートの段階ではあまり気にする必要はないです。

BUYMAを活用するデメリット

メリットがあれば、デメリットもあるのがビジネスです。

良い話だけ伝えるのは簡単ですが、この記事を読んでくださっている方は少なからず輸入ビジネスを真剣に取り組みたいと思っていることでしょう。ですから、私自身も経験を含めたデメリットをしっかりとお伝えしておきます。

・仕入れた商品が届かないかもしれない
・仕入れた商品が返品されて在庫になるかもしれない
・クレジットカードの枠が足りなくなるかもしれない
・副業だと寝不足になるかもしれない

デメリットとはリスクに近いですが、「かもしれない」と書いたのは、それらもやり方次第で回避することはできるからです。

仕入れた商品が届かないかもしれない

海外から商品を輸入してくる以上、どんなに近い国でも1週間前後はかかります。

正直デメリットというより不安になるポイントかもしれませんね。

私の経験上、配送業者のミスで紛失してしまうなんてことは今のところ無くて、よほど運が悪くない限り届かないということはないと思います。

ちょっと詳しくお話しすると、EMS、FEDEX、UPSといったいわゆる国際配送を行う業者さんはいくつかありますが、どの会社さんも保険や追跡をつければ問題ない場合がほとんどです。

なので、海外から商品を取り寄せるからと言って届かないということは考えにくいですが、海外の配送事情は日本に比べて良くないのは事実なので、例えば箱がつぶれているとか、擦れているとか、そういったことはデメリットとして考えられます。

仕入れた商品が在庫になるかもしれない

これは私自身、何度も経験しており、最大のデメリットであると感じます。

では、なぜ在庫になってしまうのかと言うと、BUYMAには「発送期限」という仕組みがあります。

これがなかなか厄介で、発送期限までにこちらから発送をしないと、強制的に注文がキャンセルされてしまいます。

つまり、せっかく手間をかけて手配した商品が発送できないで終わってしまい、結果的に手元に在庫として残るわけです。

とはいえ、この発送期限はお客様の了承が得られれば延長ができます。

なので間に合わない場合は仕方なくお願いするしかないのですが、そもそもこの発送期限が正直短いと感じています。

海外から発送する場合、場所や業者にもよりますが、どうしても平均して2週間程度はかかってしまいます。

スムーズにいけばいいですが、例えば税関審査に引っかかったり、受け取りができなかったり、なんてことがあるとあっという間に発送期限が迫ってきます。

こればかりはどうすることもできないので、とにかく最善を尽くすしかないですが、無在庫販売というリスク軽減をしている以上、仕方ないことですね。

クレジットカードの枠が足りなくなるかもしれない

これは結構あり得ることです。私自身も気付いたら枠が足りなくて危うく仕入れができなくなるなんてことはよくありました。

ですので、予めいま持っているクレジットカードが何枚あって、限度額がそれぞれどのくらいなのかは確認しておくことをオススメします。

特に、なるべくなら普段使うプライベート用とBUYMAで使うビジネス用は分けたほうが管理がしやすいと思うので、必要なら追加でクレジットカードを作ったほうが良いかもしれません。

せっかく注文が来たのに、カードの限度額が原因で仕入れができないとなると、かなり痛いです。

ちなみにですが、カード会社はVISAかMASTERを強くオススメします。
理由は単純で、この2社が世界でのシェアが高く、利用できるお店が多いからです。

また、業者によってはPaypal決済できるところもあるので、PayPalのアカウントも持っていた方が何かと便利だと思いますよ。

詳しくはまた別の記事で書かせていただきます。

以上、BUYMAを活用するメリット、デメリットについてのお話しでした。

今回はここまでー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA