輸入総代理ビジネスは総合力が問われるビジネス

ここ最近は輸入総代理ビジネスの基礎から
実践的な内容などを書いてきました。

今後も最新情報や気付いたこと、
実践したことを中心に書いていきますが、
短期的なまとめをしていきます。

今回は従来の単純転売と比較しながら
輸入総代理ビジネスに必要な各要素を
再確認していきましょう。

リサーチ・商品選定

ビジネスのスタートとなるリサーチ・商品選定。
転売では「いま売れている商品」を中心に見ていきます。
もちろん、この視点は輸入総代理ビジネスでも重要です。

しかし、根本的には「人々の悩みを解決するもの」や
「生活を豊かに、便利にするもの」を目指しています。

その結果として売れる商品に成長させていくスタンスです。

「売れている商品」だけの視点ではその商品が
「なぜ売れているのか?」「どんなところが売れている要素なのか」は
考える必要がありません。

売れている商品を、売れている価格より安く仕入れて
利益が出ればOK、といういたってシンプルな思考です。

どちらが良い悪いというわけではなく、
商品を見る視点が根本的に異なるといえます。

交渉・仕入れ

転売における仕入れは基本的に輸入でもせどりでも
一般的なオンラインストアや店舗での買い物と同じです。

つまり仕入れ先はビジネスパートナーというより、
単なる買い付け先という立ち位置でしかありません。

もちろん、中には卸交渉や卸契約をしている方も
いらっしゃると思いますが、
そのほうがまだ感覚的には近いといえます。

輸入総代理ビジネスでは仕入れ先となるメーカーは
必ず商談、交渉をして仕入れ条件を事前に取り決めます。

メーカーによってはその商品をどうやって売っていくか、
という販売面までやり取りをしながら進めていきます。

つまり仕入れ先もパートナーとなるわけです。

それだけやりがいもありますし、
パートナーである以上、出荷スピードや
品質改善、仕入れ価格など様々な面で
恩恵を受けることが出来ます。

転売の場合は何個仕入れできるか、いくらで仕入れできるか、
どんな品質なのかは全て販売店に委ねられています。

転売経験者は実践中の方なら
その辺りの制限や限界を一気に取っ払うことができます。

販売

ここが最も大きな違いになりますが、
転売の場合、例えばAmazonであれば
相乗り出品になることがほとんどです。

一方で輸入総代理ビジネスの場合は
自社が独占販売していますので、
新規出品から独占が可能です。

もし無許可で相乗り出品してきた
業者がいればすぐに出品停止にできます。

他のプラットフォームを利用したい場合、
自社でやるのもいいですし、
既に運営している会社さんに卸すということもできます。

そして転売との決定的な違いは、
オフライン(実店舗)で販売する可能性が
十分にあるビジネスです。

有名な百貨店やデパート、
雑貨店、小売店などジャンルがマッチした
お店に自社商品が並びます。

まとめ

このように、そもそも転売とは全く異なる
ビジネスモデルですので、考えることも視点も
全てが異なるものです。

しかし、なぜ転売と比較されるのかと言えば、
物販ビジネスという意味では共通しているからです。

また、利用するプラットフォームもAmazonや
楽天市場など、転売で利用するプラットフォームと
同じものを使うことがよくあるので、何かと比較されます。

ただ、根本的な理念からやり方まで異なりますので、
輸入総代理ビジネスは総合力が問われるビジネスと言えます。



LINE友達追加

公式LINE@運営中!

「ひとりカンパニーのススメ」を運営する私、呉達人の公式LINE@に登録いただくと、直接ご相談いただけます。クラウドファンディングをやってみたいけどやり方が分からない。輸入総代理ビジネスに取り組んでみたい。物販ビジネスで起業してみたい。様々なお悩みを可能な限り解決します!また、「こんなテーマの記事を書いてほしい!」といったご要望も承ります。お気軽にご連絡ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA